西日本ツアー 2005年6月10日〜18日

ムビラ・ジャカナカとハヤシエリカの3人は、ムビラの演奏とムビラの紙芝居「神とつながる音」、そしてムビラとアフリカを愛する熱い心を抱えて、初の西日本遠征に行って参りました。
関西のムビラの熱さ、人の温かさにふれて、感動の多い実りある日々になりました。
協力してくれたみんな、見に来てくれたみんな、本当にありがとう!

6月10日(金) 名古屋 「Traibal Arts」
場所 名古屋市天白区中平1丁目501番地 
tel 052-848-3433  http://tribal-arts.net/

マサがタイ旅行中に、エスニック雑貨などを販売するトライバルアーツのヨシ君にあったことから、このライブが実現。仏陀をモチーフとした瞑想的な「Cafeリトルブッダ」は、紙芝居の世界を盛り上げてくれました。
今回のツアーは、とうもろこしの粉を持参して、キッチンを貸していただけるところではアフリカン料理を作りました。Traibal Artsでは豆を使用しベジタリアン風に仕上げました。見て聞いて食べてアフリカを堪能していただけたのではないでしょうか。

6月11日(土) 福井 「アフリカンな一日」 
今立 角邸にアフリカの風がやって来た!

場所 ギャラリー道草(角邸)
〒915-0241福井県今立郡今立町田部中央1-402
 tel/fax 0778-42-2355
角 清代則 ホームページ 

米所らしく田園風景の広がる今立の現代美術作家 角清則さんの邸にてライブをさせていただきました。
名古屋から福井への移動はヒッチハイクもでき、地元の皆さんの温かさに触れました。
角さんのアーチスト仲間など50人分のアフリカ料理をみんなで協力して作った後、田んぼの前の庭でライブ。途中から雨が降り出して、みんなで室内に移動したり、とてもアットホームな会になりました。


6月12日(日) 京都 「鴨川ムビラワークショップ」

夏のような日差しの中、出町柳駅近くの鴨川三角州でワークショップを行いました。ムビラ友の会のメンバー、大阪でムビラワークショップを開いている中村由紀子さん、このツアーの関西方面の企画を組んでくれたレイちゃん率いるアフロムビラ部のメンバー、20人近くが集まり賑やかにタイレワを合奏できました。


6月13日(月) 京都 「豆禅」

京都下鴨高木町の隠れ家的な豆腐を中心とした小料理屋「豆禅」。月一回「ムビラの日」として、レイちゃん率いるアフロムビラ部の活動拠点にお邪魔しました。
豆乳ラーメンなどおいしくて体に優しい料理を味わったあとに、ムビラを楽しみという、贅沢な日。
店主太郎さんの考案したヒーリング音楽と禅の合体「禅ビエント」も気持ちよかった。
6月14日(火) 京都 「月光荘」 
場所 京都市北区紫野南船岡町73-18 
tel:075-200-8583  http://www.gekkousou.com/

沖縄で安宿として多くの人に愛された月光荘が京都にもできて、初のイベント。二段ベットに座って見ているお客さんとの距離の近さに、同じ世界を味わえて感じがしました。アフリカン料理も好評だったけど、レイちゃんの作ったジャカナカレーもおいしかった!

6月16日(木) 大阪 「楽」
場所 大阪市中央区谷町6丁目17-43「練」1F 
地下鉄長堀鶴見緑地線松屋町駅 tel 06−6763−2066

町屋の歴史ある建物を使って雰囲気のいいcafe&bar「楽」でライブをしました。アンコールでは、みんなでシェーカーをふりチャムテングレを歌えて、楽しかったです。


6月17日(火) 大阪  「天人〜Salon de AManTO〜」
場所 大阪市北区中崎西1-7-26 地下鉄谷町線中崎町駅 
tel:06-6371−5840   http://www.yura-ism.com/amanto/


関西ムビラワークショップの本拠地「天人」だけに、多くのムビラを愛する人たちが集まってくれました。アフリカン料理も最高のできばえ、ツアーの締めくくりにふさわしい盛り上がりを見せてくれたライブでした。

6月18日(土) 京都 「太陽と月の祭り」
京都府左京区百万遍 京都大学西部講堂、講堂前広場
http://blog.livedoor.jp/omaturi/


関東、関西からたくさんの個性的なアーチストを招いての5日間。にぎやかなお祭りに成になりました。ムビラ・ジャカナカは22日に出演予定でしたが都合で参加できず、18日夜、大阪でムビラ販売をするavalon spiral や月光荘のブースでみんなに自由に参加してもらってムビラを楽しみました。