ベドウィンの楽器

ベドウィンは、機織、金属細工、彫刻には無関心で、物を作る職人をさげすみます。遊牧生活がそうさせたのかもしれませんが、物質ではなく、形ない美を築く潔さを思いました。